07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09
8月1日はお墓参り 
一般的にはお盆に行う行事だと思いますが
8月1日
佐久地方ではこの日にお墓参りをします

早朝にお墓掃除をして夕刻までにお墓参りをする
これが昔からの地域に伝わる年中行事になってます
市内の企業は会社も休みになることも珍しくなく
多くの市民がこの日にお墓参りをする風習があるのです

この風習は、過去に起きた大水害の犠牲者への供養が由来とされています。
江戸時代の寛保二年(1742年)に起きた
「戌の満水」
と呼ばれる大洪水がその一つ。
この年の、旧暦7月27日から8月1日にかけての超大型台風の集中豪雨により
千曲川流域は各地で大水害に見舞われ多数の死者を出しました。
八千穂村や佐久平、小諸などに大きな被害の記録が残っています。

また、さらに昔の平安時代の文献にも大洪水が伝えらています。
仁和3年(887年)7月30日から翌四年(888年)5月8日にかけて
日本全国が地震、洪水などの天変地異に見舞われた記述が見られ
その中で信濃国は山崩れ川はあふれて多くの流死者を出したと言われます。
八ヶ岳の崩落により、千曲川とその支流の相木川をふさぐほどの大土石流が発生し
さらに新潟県にまでおよぶ千曲川下流に大洪水をもたらしたものと推測されています。
また寛弘八年(1011年)8月3日には
前回の土石流により堰き止められた千曲川の天然のダム湖が決壊。
千曲川下流に大きな被害を出したそうです。
小海、海ノ口、海尻・・・
海がつく地名は“海への憧れ”からかと思っていましたが
この地名が残っているのもその名残だといわれています 
あさま日より編集長著

御霊を鎮める日、ということでしょうか
お盆ではなく8月1日のお墓参りは
昔から佐久地域に伝わる風習なのです


ワタシの実家でお墓参りを済ませてから
豆蔵PaPaの実家のお墓参りに行って来ました
いつもなら一緒に行動しない中高生の子ども達ですが
今日は家族一緒にお墓参り~
夕食も義父母と一緒に過ごして帰宅

昔からの風習は子ども達にも大切に伝えていきたいですね
【2011/08/01 Mon 22:30 】
♪日記♪
comment(0)trackback -- | 記事編集
<<リーディンググラス | ホーム | ちょっと不便なこと(/_;)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 | h o m e |