03/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./05
 
花が咲き、そして散っていくのと同じく
人の命も永遠ではない・・・

主人のお父さんが亡くなりました
享年74歳
糖尿病や心臓病の持病を抱えながら
一年前から癌と闘ってきました
時々入退院を繰り返してはいましたが
仕事(電器屋さん)もこなし元気に過ごしていました

抗がん剤治療中な12月頃から急に食欲が落ち体力も低下
そして肺炎に・・・
入院5日目の朝、心筋梗塞であっという間に旅立ってしまいました

私がお義父さんと初めて会ったのは私が高校生の時
言葉で表しきれないほどとにかく優しくしてもらいました
主人が専門学校進学中は私ひとりで主人の実家へ行き
義父母と3人でお茶飲みながらおしゃべりしたり
お昼寝までしたりして(笑)

結婚し子供達が生まれそして今日まで
この上ない愛情を注いでもらった日々でした

地区の区長や学校のPTA会長、野球の監督等々
地区の行事には電気関係全般担当したり
仕事の利益抜きに一人暮らしの方々のお世話したり
そういえば一人暮らしなおばあちゃんの
病院の送り迎えとかもやってましたね

お通夜や告別式には大勢の方々が御参列くださり
生前人のために尽くしてきたお義父さんの
表裏のない優しい人柄を改めて感じました

誰でも人はいずれ最期の時を迎えます
だから仕方がないこと・・・

初七日も過ぎてしまいました
悲しくてさみしいけれど
これからはお義母さんの心のケアを考えてあげながら
みんなで過ごしていきたいと思っています
【2015/02/11 Wed 23:44 】
♪日記♪
comment(0)trackback -- | 記事編集
<<18才 | ホーム | 節分>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 | h o m e |