FC2ブログ
08/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./10
男女今昔物語 
その昔、男尊女卑が当たり前でフツーの時代がありました
昨今では欧米化が進んできているのでしょうか?
レディーファーストという言葉も聞くことがあるくらい
女性上位の世の中になりつつあります

今日、常連のお客様が言っていたお話ですが…

最近スーパーマーケットで重たそうな買い物袋をさげて歩く
男性をよく目にするとか
その上、男性(ご主人)の前方をバック片手に颯爽と歩く奥様の姿…
 (まるで我が家の姿を見ていたのでしょうか?)

昔では考えられなかった光景だそうです

男性が奥様と一緒にお買い物へ行くことすらなかった時代ですから
一緒に歩くこと、その上男性の前方を歩き、
買い物袋をご主人に持たせ歩くこと、
そのすべてに違和感を感じているのだとか…

そのお客様は70代後半の女性
【男子厨房に入るべからず】
の時代に育った方なのですよね
一昔前と違い、現在の男性方はとても優しい方が多いと思います
豆蔵PaPaは炊事洗濯、何でも上手にこなしてしまいます
掃除洗濯は私よりも上手で、私よりも頻繁にやっているかもしれません

世の男性の皆さん、仕事だけでなく家庭でも気を遣って生活すること
とっても大変ですよね
ご苦労、御察し申し上げますm(__)m

私を含めた奥様方、もう少しだけご主人を大事に思ってあげましょう~
と、自分に言い聞かせる私であります…(-。-;)
【2006/12/09 Sat 21:26 】
♪日記♪
comment(4) | trackback(0) | 記事編集
<<ヨセミテ | ホーム | 昨晩の…>>
コメント
同感・・・
最近、細木数子さんのテレビ番組を見るたびに
自分が怒られている気がします(^^;)
そう、優しい旦那様を、もっともっと大切にしなきゃいけませんよね。。。
男性を立てて、気持ちよく操る・・・(?)
私もこの数年間で、少し分かってきましたよん-☆
【2006/12/10 01:00】
URL | hiyori #SFo5/nok[ 編集 ]
NoTitle
こんにちは、もかはらーさん。
今時の若い男性はものすご~くやさしいですよー!
家事を女性なみにこなす男性なんて、珍しくないですよね。
私たちの世代はちょうど過渡期の世代だと思っています。
年上のひとたちは割りと男性がえらいけど、年下はみんな男女同権感覚で育った世代。
最近驚いたのは小学校の名簿。男子女子を分けずに、いっしょくたにしてあいうえお順に並べるんですよね~。
私がいちばん気になるのは皇室。昔は皇太子さまの前を歩く、なんて考えられなかったでしょ!?それがオランダでの皇太子&雅子さまは、なんと雅子さまのほうがどんどん先を歩いちゃってて、すごく驚いてショックでした。まぁ外国暮らしが長い方だからわからないのかもしれないけど、まさに現代の男性女性の関係を表していて、『国民の象徴』だなー、って思いましたよ。私はどちらかというと古い考えをするので、なるべくなら一歩下がって、という女性に共感を覚えるんです…。
【2006/12/10 10:45】
URL | Coco #-[ 編集 ]
♪hiyoriさん♪
>男性を立てて、気持ちよく操る・・
その通り!!私も同感!!
お互い似たような性格の旦那様ですからね~
あの二人、仲がいいのか悪いのか(笑)…
気持ちよく過ごしてもらうには少し煽てながら~
それでいて感謝の気持ちを忘れない~
これが円満の秘訣かしらね?
お互い頑張りましょうね!(^^)!
【2006/12/10 21:32】
URL | もかはらー #y.AiS/TU[ 編集 ]
♪Cocoさん♪
小学校の名簿!!
ホントだ!!確かに男女混合です!!
そうか~こんなところにも男女平等的な要素があったのですね。
皇室にしてもそうですよね。雅子様にしても紀子さまにしても現代の女性って感じがします。
私もちょっと古めの考えなので、一歩下がりたいかな?(希望)
主人に意見することもなく、だからこそ喧嘩しないのかも。
私の周りには、まだまだ昔の考えの夫婦多いですね。もう少し若い世代は考え方が全く変わってくるんでしょうけど…
【2006/12/10 21:44】
URL | もかはらー #y.AiS/TU[ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://oozora7.blog69.fc2.com/tb.php/82-c84b3be7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | h o m e |